トラック用品百科事典 トラック用品情報サイト貨物堂

トラック用品百科事典 貨物堂 トラック用品と物流用品の総合情報サイト

2016.09.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックの警告灯が点灯するのはどんな場合?

トラックの警告灯が点灯するのはどんな場合?

トラックを運転しているとき、メーター周りをふと見たら「警告灯ランプが点灯していた」ということも。トラックの警告灯はドライバーに注意を喚起するもの。トラック警告灯の種類を知れば、原因と対策がわかります。

ブレーキ警告灯

知らない人はいないかもしれませんが、「!」の赤いマークである場合が多いのが「ブレーキ警告灯」です。これは何かというと、サイドブレーキを引いているときに点灯するランプで、このまま走ると燃費が悪くなるだけでなく、故障の原因となります。また、サイドブレーキを引いていない時、もしこのランプがついているとしたら、ブレーキフルードが減少しているときに点灯します。至急、エンジンルームを点検する必要があるでしょう。

エンジン警告灯

オレンジ色や黄色っぽい色で、エンジンのマークがついているとき。それは「エンジン警告灯」です。エンジンのマークとわからない人もいるようで、プロペラマークとも呼ばれています(スピードメーター付近に点灯します) これが点灯したら、エンジン周りに不具合がある可能性がありますが、必ずしも故障ということではありません。

しかし、ずっと点灯している場合、どこかに不調がないか意識してみてください。例えばイグニッションコイルに原因がある場合などはエンジン警告灯が点灯します。車の加速が悪くなったりする場合があるので、早めにお店に行き点検してもらいましょう。

充電警告灯

車の電源をONにしたときに点灯して、エンジンをかけると消える赤いバッテリーのマーク。これは「充電警告灯」です。エンジンをかけた後にもずっと点灯していたり、運転中に点灯した場合は、トラックの充電器系統に異常があるということです。電気がなければエンジンが止まってしまう場合があるので、すぐに点検しましょう。

水温警告灯

CやHの文字と、なみなみしたマークは「水温灯」です。「C」はCOLD(冷たい)で、「H」はHOT(熱い)の意味。エンジンの冷却水の温度と関係しているものです。エンジンをONにした直後はCの状態ですが、エンジンが温まると「C」のマークは消えます。運転中に「H」になるとしたら、水温が高すぎてオーバーヒートになってしまうので、すぐに車をストップして休めましょう。

また、エンジンの冷却水が入っていない場合にも、すぐに高温になってしまいます。いずれも「H」の時間が長すぎると、エンジン自体が高熱で壊れてしまい、修理代がたいへん高額になってしまいます。

さらに症状がひどいと、エンジンそのものを交換する場合もあります。水温警告灯はしっかりチェックしておきましょう(参考までに、冷却水の温度は70℃~96℃が適温です。100℃を超えると、オーバーヒートの可能性があります。)

ダンプインジケーターランプ

積載用トラックの場合、ダンプレバーが中立か上昇位置にあるときに、このランプが点灯します。荷台が上ったままでトラックを走行させるなら、橋げたなどに接触して大事故を引き起こす原因に。いったん車を降りて荷台をチェックしてください。

警告灯をチェックして対処しましょう

トラックについている代表的な警告灯の、原因や対策についてご紹介しました。愛車のトラックを長持ちさせるために、普段からしっかり警告灯をチェックしたいところです。

ほかにも、愛車をもっと快適に運転したり、自力で格安メンテナンスする用具などを、ルート2では豊富にご紹介しています。これからも警告灯に注意しながら安全運転を心がけましょう。

トラック用品と物流用品専門の通販ショップ「ルート2」