トラック用品のことなら
何でもお電話下さい!

086-485-666110:00〜18:00

0
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

商品一覧を見る

トラック荷台昇降設備

2t以上のトラック(貨物自動車)に荷台昇降設備の設置と保護帽の着用が義務化されました。

貨物自動車における積載時の墜落・転落事故を削減するため今までは5tトラック以上が昇降設備の設置及び保護帽の着用を義務付けられていましたが令和5年10月1日より2tトラック以上が義務の対象となります。
トラックからの墜落や転落事故を防ぐためにも安全対策が必要です。

荷台昇降設備とは

トラック(貨物自動車)の荷台に安全に昇降するための設備のことです。
はしごや可搬式の踏み台、昇降用ステップなどが含まれます。
荷台昇降設備は、最大積載量が2トン以上のトラック(貨物自動車)で荷役作業をする場合に義務付けられています。
トラックの荷台に安全に昇降するには、ドアフレームに装備したグリップ(取手)を持ち、足元を見ながらサイドステップに片足をかけて、荷台に上がります。降りる時は、上がる時の逆の順序で移動します。
荷台昇降設備の構造については、手すりのあるもの、踏板に一定の幅や奥行きがあることが望ましいです。
検索結果8
カートに追加しました。
カートへ進む
詳細検索キーワード
商品カテゴリ
メーカー
価格帯
タグ
在庫
商品を絞り込み検索する

カテゴリ一覧

ショップ内検索